青森市自治基本条例に反対するブログ。

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ FTAKブログ □

無念 自治基本条例検討委員会条例可決

自治基本条例検討委員会条例が可決されました。
青森市議会の議員の先生方の良識に期待したのですが...残念です。敗北です。
私だけの負けなら、そんなのいくらでも負けてかまいません。
しかし、負けたのは、法の正義であり、議会の権威であり、物言わぬ99.9%の有権者(サイレントジョりティ)なのです。
そして、さらに残念なのは、地元新聞の東奥日報で可決されたことすら取り上げられていないことです。
消費税の法案もあったとはいえ、前議会であれだけ紛糾した問題が完全スルーされたことは本当にショックでした。
附属機関(委員会)の在り方、言い換えれば、いわゆる御用委員会によって市民の声がねつ造される危険性(事実これまでも市民の声のねつ造といえる事例は山ほどあったであろう)は、公器たる新聞にとってどうでもよい話だということなのでしょうか。

今回議論されるべきであったと考える問題点を振り返ってみます。

なぜ検討委員会を作るのか、委員を公募するのか、そもそもの目的から考えてみると、それは、自治基本条例の検討に市民の声を反映させることに他なりません。では、自治基本条例をめぐる青森市民の声は、どうでしょうか。青森市議会においても、前回の議会において、市政会の神山議員、自由民主党の中田議員は、自治基本条例の制定そのもに疑問を呈する質問をしていますし、全国の市町村においても、自治基本条例の危険性が知られてきた昨今では、否決される市町村も少なくありません。つまり、市民の声には、自治基本条例制定に反対する意見が多数存在しているのです。
 今回の青森市自治基本条例検討委員会条例では、運用面で経歴書の提出が約束されたようですが、これは、市民の声である賛否両論の担保には何の関係ありません。それでも委員の選任は、この条例案のように、これまで同様、市長にお任せでいいんでしょうか?この条例案では、結局のところ、公募、非公募とも前回同様、賛成派だけが集められ、反対意見は、また黙殺されるでしょう。
 市議会議員の先生方には、地方自治法により附属機関の設置が条例によらなければならないと規定されていることの意味を考えてほしいのです。それは、附属機関において行政の恣意的な委員選考によって一部の意見だけが取り上げられることで、我々市民の利害関係が毀損されてしまうことを防止するために他なりません。
 この委員会の問題は、もはや自治基本条例に対する賛否の立場を超えた、民主政治の基本である賛否両論の議論の確保という問題です。委員会において、賛否両論ある事柄を賛成派、反対派を交えてフェアに議論することは当然のことです。もし、この論を否定するなら、賛否両論ある話だが、自分は推進派だから、検討委員会は反対派を排除しようと言っているのと同じことになってしまいます。中には、賛成派ばかりが集まるとは限らないという詭弁を持ち出す人もいるかもしれませんが、委員を選任する市長は、自治基本条例を制定することを目的としているのですから、恣意的な委員の選考は可能性であっても、あってはならないのです。
 議会は、我々市民の利害関係を毀損するような委員会の設置を阻止しなければならない責任を負っているはずです。言い換えれば、賛否両論が担保されたフェアな委員会設置を条例を制定を通じて担保しなければならないということです。つまり、賛否両論がフェアに議論されることを担保されるよう青森市自治基本条例検討委員会条例の条文を規定しなければならないということです。
 条例の条文以外の方法で、議会が委員会をコントロールする方法が全く存在しないとは言いませんが、やはり、地方自治法により附属機関の設置が条例によらなければならないと規定されているといいうことを鑑みれば、条例の条文によりコントロールすることが、最良の方法であることに疑う余地はありません。
 
 私は、このままの青森市自治基本条例検討委員会条例に賛成することは、もはや思想信条の問題でも、政治的立場の問題でもなく、良識があるか、ないかの問題だと言って過言ではない思います。
 市議会議員の先生方には、市民の声をフェアに反映できる附属機関設置のために、どのような手法を取るべきか、じっくりと時間をかけて考え、その手法を条例化(明文化)し、我々市民の利害関係を守ってくださいますことを切にお願いしたいと存じます。
 私は、選挙を経た我々の正当な代表者かつ、市の最高意思決定機関である青森市議会に良識がないはずがないと信じています。

補足(賛否両論の確保の方法論について)
 検討委員会は、そもそも委員の個人的な思いや考えを聞くことを目的としているのでしょうか。否、一般的な市民の声としての思いや考えを取り入れることを目的にしているはずです。それであれば、その委員の個人的な考えに全く関係なく、無作為に賛成・反対の立場を取らせ、賛成意見、反対意見に係る情報を与えた上で、ディベートの形で議論させるという方法も考えらます。
 その他にも、公募委員について先に述べたとおり賛否を確認して公募、非公募委員は、議会の議席数比例で各会派が推薦するという方法も市民の声を反映する一つの方法でしょう。
また、ドイツで考えられた「プラーヌンクスツェレ」という手法をベースにした市民討議の形も考えられます。
1.参加者を無作為抽出で選ぶ(住民基本台帳等を利用)。
2.有償で一定期間参加する(標準4日間)。
3.実施機関は、中立的独立機関を設ける。
4.25人程度で行う。
5.話し合いの前に専門家(利害関係者の場合もあり)から賛否両論の情報提供を受ける。
6.毎回メンバーチェンジをしながら、約5人で討議を行う。
7.「市民による答申」という形で報告書を作成して、参加した市民が正式な形で行政に渡す。

さて、この内容を各会派へお渡しして、再考してみるべきではないかと問いかけた訳ですが、これらの問題を解決しないまま賛成するということは、そもそも問題点として考えていないのでしょうか。
それとも、地方自治法に規定されるいわゆる附属機関条例主義とは、附属機関が行政によって恣意的に運用されることで、我々住民の利害関係が毀損されてしまうことを阻止するために議会に与えられた権限という解釈は間違っているのでしょうか?
読者の皆さん、どうか私に教えてください。(コメントください。)

追伸
前述のように、報道がないため、会派、議員の賛否、賛成討論反対討論の内容も未だ分りませんが、私自身でできる限り調査し、皆さんにお伝えしていきますので、続報をお待ちくださいませ。
スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2012/06/29
Trackback:0
Comment:2
Thema:自治基本条例
Janre:政治・経済

Comment

*

いつも読んでいる青森市民です。
可決されてしまいましたね。残念です。

議会にはがっかりです。
前回の結果は思ったよりも期待できるんだと思ったのに、やっぱり市議会議員は駄目ばっかなんですね。話題性がないと、長いものに(それが間違いでも)巻かれちゃうんですね。
残念です。

そしてFTAKさんも書いてありますが、東奥日報にはがっかりですね。
自分も前回はずいぶん取り上げてて、思ったより新聞も健全なのかと思ったのですが、勘違いでした。

こんなことじゃ、良識ある読者はどんどん離れて、今のテレビみたいに誰にも(ただし、ばかを除く)相手されなくなりますよー。
というか確実にもうそうなりますよ。ダメ議員たちと一緒にこんなことやってちゃ。

確かに世の中、無関心もしくはバカが多いですが、何が正しいのかは意外とみんな分かるものですよ。
すぐじゃなくても、そう遠くないうちに必ずね。
今はネット社会で、昔みたいにだまし続けられなくなってきてるんですからね。

と思いませんか?FTAKさんも。


まぁ、痛い目にあわないと(たとえばK王みたいに)分からないんでしょうね。
地元紙の最有力だから、期待したいんですけどねー。
ダメ新聞だってアピールしたいみたいだからしょがないですね。


FTAKさんに直接関係ないことばかり書いてごめんなさい。
いつも青森市のために戦ってくれてありがとうございます。

言わない、言えないだけで、FTAKさんを応援してる人はたくさんいます!
まさしくサイレントマジョリティなんです。

次はいつ応援コメントかけるか分かりませんが、これからもお体に気をつけてがんばってください。それでは。
2012/07/10 【】 URL #- 

* 伝わる思い

コメントありがとうございます。
私のブログを読んでいただき、そして貴重なご意見、励ましのお言葉までいただき、心より感謝申し上げます。
私の伝えたかった思いが伝わった気がして、やっていてよかったと実感しております。

様々な視点からのご意見は、たいへん勉強になりました。
今度、こちらのコメントを題材にブログ書いてみようと思いますので、またお読みいただければ幸いです。
今後とも応援よろしくお願いいたします。
2012/07/12 【FTAK】 URL #- 

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://kamizaemon.blog69.fc2.com/tb.php/71-6aa1fbfc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。