FC2ブログ
 

青森市自治基本条例に反対するブログ。

□ スポンサー広告 □

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

*    *    *

Information

□ FTAKブログ □

自治基本条例の恐ろしさを再認識

 このところ、しばらくブログの更新を休んでおりましたが、また書くことにいたしました。
 心身ともに充電完了、再始動します。私の心境の話などはさておき、本題へ入ります。
 
 青森市議会では、再び青森市自治基本条例検討委員会(設置)条例が上程され、多くの会派が、「一回否決したし、まあ、今回少し手直ししてれば、賛成しようか。」ぐらいの雰囲気だろうと推察します。
 私は尊敬する議員の先生方に敢えて言いたい。「議員の多くがそんな体たらくだから、自治基本条例などという紛い物が出てくるんです」と。
 
 私は、請願、陳情まで含めた議会というしくみは、本当に考え抜かれた、よくできたシステムだと思っていますが、その運用がうまくいっていないのは事実で、その原因が一部の心ない議員や不勉強としか言いようのない議員の存在にあることも、やはり事実だと思います。
 しかし、我々の民主政治の実現には、この制度の他にないこともまた事実であり、悪い点は地道に改良・改善し、より良い形へ近づけていくことを思考すべきなのであって、現状を抜本的に改革せんとして、自治基本条例が全国各地で検討されている方向性は間違えていると思います。
 そもそも、この20年間、国も地方も「抜本的」「抜本的」と連呼してきましたが、何か一つでも我々国民、住民を幸せにする改革があったでしょうか。(最近ではグレート・リセットって言うんでしたか?)

 話が横道にそれましたが、本題に戻すと、今回の6月議会に向けて市民意見を書く中で、これまでも自治基本条例というのは恐ろしいと警鐘を鳴らし続けてきた私ですら、背筋が寒くなるほど恐ろしいと感じる部分に気付いたのです。私のこの感覚が間違いであればあったで、それは喜ぶべきことですし、まだ疑義の段階ですが、感じた通りに書きたいと思います。

 市民参画とは、青森市自治基本条例が目指す市民自治を具現化する手法であり、自治基本条例の根幹を成すものですが、その実態は、有権者の0.01%にも満たない者が自薦及び行政の恣意的な選考により選出され、何ら正当性も持たず、何ら義務を負わず、何ら責任を負わず、市の重要政策の立案、検討、実施、評価及び見直しの各過程に参画可能にするしくみといえます。

青森市自治基本条例(案)において、議会と行政は、市民自治を推進しなければならない旨が総則に明記されており、これは事実上、先に述べた0.01%に満たない者が市民参画により、行政の政策や、議会の議論を拘束することを可能にしています。

 この事実と、市民として外国人や青森市内で活動する個人および法人その他団体が定義されることを合わせて考えると、どのようなことが可能となるのか、考えてみてほしいのです。
 自治基本条例は、市民自治、市民参画という耳当たりのいいキーワードを使い、たった0.01%の勢力が市政を乗っ取ることすら可能とするおそろしいものであるとは考えられませんか。
私は、このような疑義があるということを多くの人に知ってほしいと心より願います。


 みなさんは、どう感じたでしょうか。

 また、この全国的な自治基本条例の流れが、自然にできたものなどではなく、それこそ0.01%の人々の弛まざる活動により結実したものと考えると、なおさら怖さが増してきます。
 革命を目指す青年は、日本国家の解体を目指し1960年代の暴力による革命をするも失敗、1975年の松下圭一氏が著した『市民自治の憲法理論』をバイブルに暴力革命からより現実的な構造改革派に転換、労働組合の活動を活動の拠点として社会党を支持し、1994年の村山内閣による「地方分権推進法」を実現、同じく労働組合を拠点に民主党への政権交代を支持、民主党による「地域主権改革」の実現、その結実としての「自治基本条例」、というより地方自治法改正への布石としての「自治基本条例」を全国に拡散している。このような日本国家解体のストーリーが現実であるとしたら...
 私は、この話がいわゆるトンデモ話であることを心より祈りますが、備えあれば憂いなし、用心するにこしたことはありません。
スポンサーサイト

*    *    *

Information

Date:2012/06/12
Trackback:0
Comment:0
Thema:自治基本条例
Janre:政治・経済

Comment

コメントの投稿








 ブログ管理者以外には秘密にする

Trackback

TrackbackUrl:http://kamizaemon.blog69.fc2.com/tb.php/67-7a30d5f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。